FC2ブログ

ando sims3

sims3 blog

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22.巻でお送りする安藤家と黄色いあの人リリリターンズ

Category: 安藤さんち  
ando new22-1
巻でお送りする安藤家・冬10日目

ando new22-3
今日の一番起きは田中

ando new22-4
サクッと炉に点火してサクッと蜂さんたちの世話をしてもらう

蜂箱を買ってまだそんなに日が経っていないのに
もう「究極」品質のはちみつを採ることができるようになっていた
やったね田中クン!すごいね田中クン!
いやぁ誰にでもひとつは特技ってのがあるもんダネ!(^~^


段々明るくなってきてみんな起きてきた
ando new22-5
食欲よりも性欲をとってウサギに誘惑的なジョークを言う安藤と

ando new22-6
ハグ魔なピンクちゃん
この世帯の男たちは飢えすぎである


ando new22-7
全員起きたので朝食

ando new22-8
「おい何してんだ?」
「え~~見てわからな~い?」

ando new22-9
ando new22-10
「ふたりの世界に浸ってんだよ」ドヤァ
「クッセーもん撒き散らしながら何ホザいてやがんだ」
緑色の世界である



-------------------
さて、今日は金稼ぎをお休みしてちょっと遊びに行こうと思う
ando new22-13
何故ならテラじいさんからルイ君宛てのラブレターをもらったから
そんなん応えないわけがないのである。
ちょつぱさんごめんなさい・・・ロマンチックコマンドなんか全然使ってないのですが・・・(^0^)

テラじいさんを呼び出して場所移動


場所はツタが欲しくて買ったモンテビスタの市場
ando new22-14a
を、魔改造して建てた【ブラックマーケット】
ブリッジポートには何が足りない?

そう、それはホームレスのための施設だ。
底辺でくすぶっているような連中が、淀んだ目でウロウロしてるゴミ溜めのような施設
此処はそれが無さすぎる

ando new22-15a
野良犬のように飢えた連中が群がる食堂

ando new22-16a
禁書やエログロ本がそこらじゅうを蔓延る古書店

ando new22-17a
ちっぽけな馬券に自らの人生を賭けるモノたちのための競馬観戦スペース
見よこの匂い立つような公共lotを!
これぞまさにホームレスによるホームレスのための施設であるといえよう!

が、しかし今は冬。
ando new22-18
それらは皆雪に覆われてしまい、もはや何がなんだかわからない状態になっていた
なんて儚さよ


ando new22-20
「どの野菜を委託しようかな えーっと・・・」
「や、モジャモジャ。先に着いておったか」
ルイ君が野菜を委託しようとモタモタしていたらテラじいさん到着!
今日もまぶしいですなァ

ando new22-21
「ど、元気してるー?」
「はぁ まぁ ぼちぼちやってます」
「へぇーぼちぼちねぇー」
「・・・」
「・・・」

「ワシのことは聞かないの・・・?」
「・・・テラさんは最近どうですか?」


ando new22-21-1
「あのねっあのねっ!ワシっ!今、学生さんなんじゃよ!大学の!すごくねすごくねー?」
「ええー 大学生なんですかー それはすごいですねー」

「それでねそれでね!ワシの専攻、何じゃと思う?」
「んーそうですねー なんでしょう?文学とかですか?」
「ブブーwww文学なんて専攻!ユニバーシティにはありませーーんwwww」
「チッ」
「え、今お前さん舌打ちしたー?チッっつたよ?チッて」
「してないですよ」
なかよしさん^^



いつもダラダラしているけどここからより一層ダラダラしているので
以下、SSとツッコミの巻仕様

ando new22-22
ミツアミ女子に群がる安藤たち


ando new22-23
「はーらがへったーはーらがへったーワンツーワンツー♪」
華より団子なウサギ


ando new22-24
ルイ君の著作「地球は生きている」を褒めてくれるテラじいさん

ando new22-25
調子に乗って「つまらない本を非難」しちゃうルイ君
あ、文豪きどっちゃう感じで?


ando new22-26
フライヤーに飢えた野良犬のように群がる彼ら


ando new22-27
こういうゴチャゴチャした風景結構好き


ando new22-28
実はテラじいさんにずっと「話しかけたい願望」を持っていたタケシ
やっと話しかけることができてご満悦。
シャイボーイか(^0^)


ando new22-30
「ひとつくらいなくてもわからないわよね~ん」
さりげなくリンゴをパクろうとするピンクちゃん


ando new22-32
真っ白な雪に覆われた机を見て、パラソルが何の機能も果たしていないことを知る筆者。


ando new22-34
フリーウィルで店番してくれるルイ君
「あ、テラさんおひとついかがです? 全部無農薬ですよ!」

ando new22-33
「あのモジャモジャぼったくりやがったーーー!!!!」
買ってくれてありがとう!テラじいさん!(^-^)


ando new22-35
「くそー!くやしー!くやしーから赤いやつ見て笑っちゃう!」
「おい見せモンじゃねーぞwwwやーめーろーよーwww」
ウサギに驚かされた安藤を見て大爆笑するテラじいさん


と、まぁそんな感じにダラダラ過ごしていたら真っ暗になっていた
ando new22-31
楽しい時間はあっという間。そろそろ帰らなきゃ

ando new22-36
「あの テラさん 僕たちそろそろ・・・・」
「ちょ、モジャモジャ。こっち来ないで!なんかくさい」
「チッ」
「えー?何いまのスタッカート的な音ー?もしかしてお前さん舌打ちしたー?」
「空耳ですよ」



テラじいさんにバイバイして安藤家拠点に帰って
さてねよーかなぁなんて思ってたら
ando new22-38
テラじいさんがついてきちゃった・・・w
とりあえず招き入れるルイ君

ando new22-39
もう夜も遅いし(0時まわっている)泊まっていってほしいところだけど
いくら話しても「泊まるようにすすめる」コマンドが出ないので
ルイ君には体力ギリギリまでおしゃべりしてもらうよ!


がんばった甲斐あって「泊まるように~」コマンドが出るころには
テラじいさんとお友達になれたよ!^///^
ルイ君はずっと「テラじいさんと友達になる」願望出てたからうれしい!

ando new22-40
「あの これお近づきのしるしです
「えー何なにどうしたのーw」
「ずっと友達になりたかったので・・・///」
「えーやだーーwうれしー何これーー」

ando new22-41
「今朝の朝刊です」


ando new22-42
お友達にもなれたし、プレゼントも受けとってくれたし
大満足で眠りにつくルイ君。



みんなが寝静まったころテラじいさんは
ando new22-43

ando new22-45

ando new22-46
カマクラをつくったり踊り狂ったりしていた

なんてかわいいおしりなんだ




Newer Entry23.巻ラスト!黄色い水風船が大炎上でラジバンダリ

Older Entry21.巻でお送りする安藤家と色ボケ桃色糞豚野郎

Comments



« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ando

Author:ando
画面をニヤニヤしながら
しょうもない文をポチポチ書いてます

リンク、アンリンクフリーです

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。